あらゆる場所で進められるエコの挑戦

スーパーなどの店頭に絵こそ材としてエコ回収されているトレーは、90%以上が空気で作られているそうです。

あらゆる場所で進められるエコの挑戦

エコとして利用するトレーは90%以上が空気です。

日本に輸入され得ている原油のおよそ0.6%程がこれらのトレーとして利用されているとのことです。発泡スチロールで出来たトレーが日本で初めて使用されたのは1960年に入ってからのことです。当初は廃棄物としてそのまま捨てられていましたが、1990年代に入り、再生する方法が確立されたようです。さらに今では、トレーからトレーが作れるようになっています。衛生管理もきっちりと行われ、新しいトレーが生まれているのです。最近ではより薄く、より軽く作られているため、輸送時のコストだけで無く燃料代も抑えることが出来るようになっています。また、最近ではせ級を原料としない、サトウキビの絞りかすを原料とする製品なども出ていて、地球環境を一段と守る工夫がされるようになってきています。

紙のトレーに比べて、使いやすいことが発泡スチロールの魅力です。その身量的で使いやすいトレーを再利用することを始め、新素材の採用など、技術的にもますます進化しています。技術者達は常に研究を行い、少しでも環境に優れた製品作りを行っているのです実際に使用する私たちも、その環境リサイクルの中に入り込み、少しでもその役に立つ必要が有ります。そのためにも、トレーをリサイクルに出すときは、きっちりと中を洗って、余分なモノを取り除いてから回収ボックスへと入れる必要があります。余計に手間を掛けないことが家庭から出すゴミには必要です。そんな思いを込めて少しでもエコに貢献していきたいと考えます。