あらゆる場所で進められるエコの挑戦

エコな暮らしにトレーの削減は大切ですが、忙しい現代ではトレーの利点も考慮し緩やかなエコが適していると思います。

あらゆる場所で進められるエコの挑戦

エコな暮らしとトレーの使用について

近年、地球環境を守るためにエコな暮らしを実践する人が増えています。その一つに食品などに多く使われているトレーの削減の活動も行われています。実際、スーパーなどでまとめて買い物をすると帰りの買い物袋の中はトレーでいっぱいのことも少なくありません。

これだけたくさんトレーが使われているのは、トレーに売る側と買う側両者にとって利便性があるからでしょう。トレーは食品を衝撃から守ったり、美しく陳列するのに役立ったりします。お刺身や寿司などは買ってきてトレーにのせたまま食卓に出すこともできます。また、トレーにのせてラップをすればむき出しで店頭に並べるよりはるかに衛生的で安全ですね。食品に異物や毒物が混入される事件がある世の中です。

たしかに、エコな暮らしには昔のようにトレーの使用をやめて家から持参したタッパーなどの容器に入れることが最も効果的ですが、働く主婦が増えた忙しい現代に適した方法といえるでしょうか。例えば、仕事帰りに買い物する時、朝、バッグに容器を入れて通勤するのは大変です。帰宅して急いで調理する時もトレーをバットの代わりに利用すれば洗い物が少なくて済みます。スーパーなど売る側にとってもお客さんが持参した容器に詰め替えるのは衛生面で懸念されるでしょう。このような点から、トレーの利便性を考慮し、トレーを上手に活用しながらできるところから減らしていく緩やかなエコへの取り組みがあっても良いのではないでしょうか。