あらゆる場所で進められるエコの挑戦

環境に配慮した素材の使われているトレーは、エコにもなります。もっといい素材が開発されたらいいです。

あらゆる場所で進められるエコの挑戦

トレーはエコには必要か

食べ物とかが入ってるトレーというのは、便利な面が多いですね。食品を重ねておいていても、そんなにそれぞれがくっつくこともないし、衛生的でもあります。でもこれって、今は分別もしてるので、ごみとしての扱いはなくなったけど、ちょっと前までは完全にごみという扱いでした。しかも、素材は発泡スチロールなので、燃やすと有害な物資がでるというものです。あまりエコとかとは、無縁の素材だなって思います。最近は分別も進んでみんながするようになったので、集めたものは、リサイクルで、違う商品になってます。そこには、コストもかかるので、次の商品はそのコストも反映されていくでしょうね。同じものを最初から作るよりも、ちょっと高めの商品ということになりそうです。

トレーの使用というのを全廃にしてしまったら、いいとは思うのですが、それはちょっと大変ですね。見た目にも、袋に入ってる商品ばかりになるというのは、購買意欲というのが薄れます。どうしても、今の生活には必要になるものなんですね。これに変わるものが開発されたらいいとは思います。でもなかなかいいものとちうのはできないですね。昔は発砲スチロールが使われていたと思うのですが、いまは、ちょっと素材というものが変わってきて、そんなに有害なものがでないようになってるのかもしれません。そのへんの素材というのを、もっと環境にやさしいものにかえていけたら、使っていてもいいのかなって思います。