あらゆる場所で進められるエコの挑戦

空気と原油から造られているトレーは、輸入される原油の0.05%程で、90〜95%が空気です。まさにエコです。

あらゆる場所で進められるエコの挑戦

発泡トレーの多くはほとんどが空気でエコとのことです。

色々なところで目にする機会の多い食品トレーですが、使われているのは、日本に輸入される原油の経った0.05%程だそうです。おまけにそのほとんどと言える90〜95%空気で出来ていて、軽くて薄いのが特徴です。そのため、輸送コストも少なくて済みますし、輸送の時に排出されル排気ガスの量も少なくて済むのです。スーパーなどでも店頭に回収ボックスを置き、リサイクルできる商品であることをアピールしていますが、その会もあり、最近ではかなり多くの回収が進んでいるそうです。回収されたトレーは再びトレーとして生まれ変わるモノもありますし、また文具品や、日用雑貨、植木鉢やエコベンチなどに生まれ変わります。

また、回収できなかった食品トレーも、燃えるゴミとして出したとしても、環境に悪い物質を排出しません。まさに環境に優しいエコ容器だと言えるのです。スーパーの店頭家で無く自治体のゴミの回収日にも、食品トレーを回収する日が用意されています。回収されることで、再び資源として使用されるわけです。環境に優しく、リサイクルも確立されている食品トレーなので、気軽にゴミとして捨てるのでは無く、きっちりとリサイクルに回したいと考えます。リサイクルに出す時はきっちりと洗った上で、出す必要があります。これは回収後に余計な手間を掛けないための配慮です。環境を守るためには、住民一人一人書きを塚¥蹴る必要があるのです。ルールとマナーを守る気持ちが大切だと思います。